Amazonプライム会員4月12日から料金値上げ!ビデオだけ利用している人は痛い。

新着記事

配送料無料・動画見放題など、様々なサービスが受けられるアマゾンプライム会員。

月400円と破格の安さも合間ってかなり人気なサービスでしたが、ついに値上げしました。

2019年4月12日からAmazonプライム会員料金が変更されます。

アマゾンプライム会員 料金値上げ

2019年4月12日、Amazonプライムの会費を以下のとおり改定いたしました。月会費・年会費の各支払いプランのプライム会員のお客様が、同じ支払いプランを更新される場合、2019年5月17日以降の請求から、改定後の会費が適用されます(※)。※4月12日以降に会費プランを変更(例:月会費から年会費に変更)された場合は、改定後の会費が適用されます。

年会費は3900円→4900円(+1000円)

月会費は400円→500円(+100円)

また、学割のプライム会員「Prime Student」の年会費も1900円→2450円(月会費は200円→250円)となります。

4月12日から改定ですが、既存会員は5月17日以降の請求から変更となります。

プライム会員料金値上げの理由

アマゾンの担当者はその理由について「これまで11年間さまざまな努力を重ね、会費は一度も改訂してこなかったが、(2007年の)開始時と比べて商品数や特典は大幅に増え、外部環境も大きく変わっている。今後も新たなイノベーションを起こし続け、お客様に引き続き便利にご利用いただくために、このような決断をすることにした」と説明した。

アマゾン、プライム年会費を初の1000円値上げ--担当者が理由を明かす
アマゾンジャパンは4月12日、会員制プログラム「Amazon プライム」の年会費を初めて値上げすることを明らかにした。同日付で年会費を3900円から4900円(1000円増)に、月会費を400円から500円(100円増)に変更する。

アマゾン担当者は「値上げの理由」として上記のようなことを述べているが、正直よくわからない。

まとめると、プライム会員開始当時2007年より、「商品数」「特典」「外部環境」の3つが変わったためだと言っています。確かに「特典」は増えましたね。「外部環境」とは配送料の値上がりのことでしょうか?

プライム会員料金値上げでプライムビデオユーザーも打撃

これによって、ほとんどアマゾンプライムビデオだけしか利用しないユーザーは痛い値上がりとなります。

おそらく、「特典」増加や「配送料上昇」によると思われる今回の値上がりです。

アマゾンプライムビデオだけのためにプライム会員となっている人にとってみれば、ただ値上がりするだけ・・・

この機に別の動画配信サービスをチェックして見てもいいかもしれません

あなたに合う動画配信サービス診断ツール

4つの質問に答えるだけ!あなたに合う動画配信サービスを診断します! 

あなたに合う動画配信サービス診断ツール

人気ランキング第1位! dTV

dTVは動画・映像配信サービスです。
月額500円(税抜)で、18ジャンル約12万作品を、好きな時にいつでも、
スマートフォン、PC、テレビなどで見ることができます

以前はドコモユーザーのみ使用可能でしたが、今はだれでも利用可能です

トップクラスの人気を誇る動画配信サービスで、コンテンツジャンルはバランスよく整備され、はじめての動画配信サービス利用には一番おすすめできます!

人気ランキング第2位! hulu

月額933円のhuluの動画コンテンツ量は4万本以上と十分な量を確保し、オリジナル配信海外ドラマなどが人気!
また、ジャンルが豊富なことキッズコンテンツや制限があることで、ファミリー層にも人気が出ています

シームレス再生やマルチデバイス対応など、動画以外の部分もしっかりしており安定した人気サービスです!

「海外ドラマ・映画に興味があるけど、日本のコンテンツも見たいなぁ」という人が一番満足できるサービスでしょう!

人気ランキング第3位! U-NEXT

月額1990円のU-NEXTのサービス内容は「動画見放題」「雑誌読み放題」「ポイント1200円分付与」の3つです!動画見放題の他に雑誌読み放題、ポイントによる新作視聴が可能です!

さらに動画の本数は12万本という最大級のコンテンツ量をほこり、そのジャンルの幅広さと量に圧倒されるでしょう!
また、1契約で4アカウントまで取得することができ、家族での利用者も続々増えています!

新着記事amazonプライムビデオ
スポンサーリンク
動画配信サービス(VOD)比較サイトSXDC